木村工房の新着情報

木村工房の新築施工例、リフォーム施工例からオーダー家具、 オーダーキッチン、オーダーカーテンなどのインテリアまで新着情報を掲載。

木村工房の新着情報

木村工房の新築施工例、リフォーム施工例からオーダー家具、 オーダーキッチン、オーダーカーテンなどのインテリアまで新着情報を掲載。

災害が起こってからでは遅すぎる・・・それが耐震に向けた家づくりです。

各市町村では耐震改修のための補助金を出しています。
ご自宅が地震に耐えられる家かどうかを確かめるチャンスにもなる耐震診断士派遣事業や、耐震改修工事に対して支給される補助金制度。また意外と知られていないのが、耐震改修工事を行った場合には、所得税の減税や固定資産税の控除があります。キッチンやお風呂などの水廻りをリフォームしたいなとお考えの方は、こうしたチャンスを活用して、耐震チェックも併せてされたほうが手間もコストも省けます。補助や減税などを賢く利用して、災害に強い家づくりを目指してみられませんか。


■■■耐震診断士 派遣事業■■■

市町村から、耐震診断を行う専門家(建築士)を派遣します。

●対象住宅
①昭和56年5月31日以前に着工したもの
②木造住宅で、延べ床面積の2分の1以上を住宅として使用しているもの
③自己診断の結果、倒壊等の危険性が高いもの

●補助内容
府に登録された京都府木造住宅耐震診断士を市町村が派遣して耐震診断等を行う
無料で耐震診断等を実施する(ただし、交通費相当分の2千円負担あり)
※京都市、宇治市、城陽市、向日市、長岡京市など23市町村。京都市では、独自の制度があります

●申し込み
事業の申し込み窓口は、お住まいの市町村です。申し込み時期や申し込み方法についても、市町村窓口でお尋ねください。
①木造住宅 市町村窓口で申し込み →
②派遣される診断士の決定(診断士名簿から自分で選ぶ、または、市町村にまかせる)→
③耐震診断士がご自宅へ伺い、耐震診断を実施 →
④後日、耐震診断結果をお知らせ


■■■木造住宅耐震補強の補助金制度■■■

耐震改修工事にかかった費用の1/2を市町村が補助。ただし60万円が上限。

●対象住宅
①昭和56年5月31日以前に完成された木造住宅
②延べ床面積の半分以上の床面積を住宅として使用しているものであること
③木造住宅耐震診断の診断結果の「評点が1.0未満」と判定された木造住宅
④耐震改修工事後の評点が1.0以上と判断される工事をおこなうものであること
⑤建築士が改修の計画を立て、改修工事の監理をおこなうものであること など
今年は税制改正で住宅改修の減税が拡充されます。
手摺りを取り付けようかな、使いやすいトイレやお風呂にリフォームしようとお考えの方はぜひこの補助金制度のことをチェックしてみてください。優遇税制がある上、自治体によっては補助金も支給されます。知っているのと知らないのでは大違い。
ここではバリアフリー改修に関しての補助金や減税のメリットをご紹介いたしますので、ぜひともリフォームの際に活用されてはいかがでしょうか>


■■■介護保険制度の補助金■■■

●対象: 介護保険法の要介護、要支援の認定を受けている方

●対象となる工事内容: 
①手摺りの設置
②段差の解消
③滑り防止や移動がスムーズになるための部材の変更
④引戸などの扉の取替え
⑤洋式トイレへの変更 

●補助の内容: 工事費用の9割を支給、限度額20万

上記の介護保険のバリアフリー改修工事の補助金以外に、今年は下記のような税金の優遇制度がありますので、お見逃しなく!!


■■■所得税の減額■■■ 
●対象 : ①50歳以上の方②介護保険法の要介護、要支援の認定をうけている方③障がい者の方
④上記②③、または65歳以上の親族と同居している方

●控除内容 : 【現金で支払った場合】工事費用おの10%をその年の所得税額から控除
          【ローンを組む場合】バリアフリー改修工事に関わる工事費用の2%(上限200万)
        ※増改築工事全体1000万以上でローン支払が5年以上あること

●対象となる工事内容 : 
①通路等の拡幅
②階段の勾配の緩和
③浴室改良 
④トイレ改良 
⑤手摺りの設置 
⑥段差の改良 
⑦出入り口の戸の改良 
⑧滑りにくい床材への取替え

●控除期間 : 【現金で支払った場合】1年
          【ローンを組む場合】5年 
 
 
■■■固定資産税の減額■■■
●対象 : ①65歳以上の方 ②介護保険法の要介護、要支援の認定を受けている方  ③障がい者の方

●控除内容 : 翌年度分の固定資産税額(100㎡相当分)を1/3減額 ※バリアフリー改修工事費用が30万円以上

●対象となる工事内容 :  上の所得税と同じ



自治体によっては、上記介護保険対象外の工事にも補助が出る場合がありますので、市町村の福祉課で確認してください。     

またぐのが辛かった浴槽

お風呂1 お風呂2.bmp

手摺りを取付け、段差を解消

お風呂 after1
bmp お風呂 after2.bmp

お風呂に浸かってリラックスしたいのに、下肢が不安定なため、浴槽が深くてまたぐのが大変、浴槽から出たり立ち上がったりすることも辛い・・・とこぼしてらっしゃったお母様。
その様子を拝見すると、いかにもお辛そうでした。
そこで数社のショールームにも足を運び、面倒でも実際にまたいで浴槽の中に入ってみるということを体験していただいて、またぎ高が低く体に負担が少ないタカラスタンダードの浴槽をお選びになりました。 浴槽の周囲にL字型手摺りなどを取付、出入り口の段差を解消して移動がスムーズにいくよう配慮しました。ウォーム感のあるベージュのお風呂になり、ゆったりと入浴タイムをお過ごしいただけたらと思います。

もなみ1.bmp もなみ2.bmp もなみ3.bmp

ニチベイ「もなみ」をお客様の和室に取り付けさせていただきました。
これまではこの和室には障子をお使いでしたが、春夏の日差しを遮るには障子だけでは不十分で、また風を入れるにも障子だと片一方しか開けられないとご不満でした。
そこで和室にプリーツスクリーンをと「もなみ」をおすすめしました。お部屋の建具と色調をあわせ、しっとりとした淡いブラウン色を選ぶことで、違和感なく和室になじんでいます。日差しを調節でき、風もよく入る、庭を眺めるにはこれまでは障子半分しか見れなかったけれど、全体を見ることができるとご満足の様子でした。

椅子 前.bmp 椅子座面 前.JPG 椅子 後.JPG

ダイニングチェアの張り地が食べこぼしで汚くなってきた、洗いたい・・・椅子をクリーニングすると、見違えるように明るく綺麗になります。高温スチーム洗浄なので鮮やかな色調と風合いが戻りますし、何より清潔感が生まれます。
椅子の汚れでお困りでしたら、ぜひ当社のクリーニングをお試し下さい。

椅子一脚:3000円~